2017-07

ウル♡ - 2015.07.15 Wed



ウル 我が家で過ごすようになって4ヶ月経ちました。

ウルとは出会った時から 濃密な時間を過ごして来たので もっとずっと一緒に過ごしているように思います。

ウル♡

2月の血液検査と超音波検査では異常なし。
4月で11歳になったけど まだまだずっと一緒にいられると思っていました。
シェパードの寿命が11~12歳だそうで ウルは15歳くらいまでいっちゃうかなぁ♪なんて 勝手に思っていました。

そうはいかないみたいです。

なかなか自分の中で 受け止めることも理解することも出来なくて…

ウルの病気がわかって2週間になります。

少しずつ弱っていくウルを目の当たりにし 泣いてばかりいないでしっかりウルを守っていかないと!って今はそのことだけ思います。

6月29.30日 伊豆へお泊りへ出かけました。
30日の朝 ウルのおしっこの色がなんか濃いように思えて。
心配になり チェックアウトした後 まっすぐ帰路へ。
途中のパーキングエリアで休憩。
そこでのおしっこの色が朝よりももっと濃い色。

帰宅しだい ウルのおしっこを採って すぐ病院へ。
この時のおしっこの色はコーヒーのようでした。

尿検査 血液検査 超音波検査…
腹水がたまっていて 腹水の検査。

結果は…

脾臓に腫瘍があり 腹水はその腫瘍からの出血がたまったもの。
血管肉腫の可能性がかなり高く 手術しても予後は良くないそう。
抗がん剤もあまり効果は望めない。
手術を選択しない場合は 止血剤で様子見ながら 破裂出血を防ぐため 安静に過ごすだけ。
脾臓腫瘍からの出血があり 貧血は徐々に進んでいくようです。

たとえ 脾臓摘出の手術をするにしても 血小板の値が低すぎ 輸血が必要になった場合でも ウルの体重だとたくさんの輸血が必要でリスクがあり過ぎ。
まして11歳。

ウルを迎える時に お父ちゃんと ウルに何かあった場合は 積極的治療はしないと話し合っていました。
もちろん病気の種類によりますが 。

ウルをこのまま穏やかに過ごさせてあげる選択をしました。

余命は長くて数ヶ月。
今 なにがあってもおかしくない状態だそうです。

今 頭の中でなんとか整理できてきたのですが この時は はじめ 先生が何を言ってるのか理解出来なくて。
何回も丁寧に説明していただいて
ようやく深刻なことなんだと…

なんで ウルが…
どうしてウルが…

ウル 2~3歳くらいまでは 普通に暮らしていたと思います。
でも その後は 孤独の中にいました。
亡くなったお父ちゃんの弟は 不規則な仕事だったため 1日分のお水とフードを大きな器に入れ ウルはずっと留守番でした。
弟も事情をかかえ 精一杯の生活をしていました。
お父ちゃんが時々様子を見に行ってましたが シェパードのウルには何もしてあげられなかった。
弟が倒れてからお父ちゃんが行くまで ウルが弟を看取り 5日間飲まず食わずで弟のそばにいました。
お父ちゃんが弟の元へ行った時 ウルはずっと弟の顔をなめていたそうです。
あまり手をかけてもらえなかったけど ウルにとっては大事なパパだったんだね。

そんなウルだから お父ちゃんと愛情いっぱいの中で 過ごさせてあげたくて 花家に迎えました。
お母ちゃんも シェパードのウルを迎える覚悟をしました。

ウルと一緒に過ごす毎日は楽しい。
花だけの時も 楽しかったけど ウルが加わってますます楽しくなって。
多分 大変なこともあったと思うけど 大変だ!って思うことはしないようにしました。

こんな生活がまだまだ続くと思っていました。

ウルは今がんばってます。

ウルを迎える時に支えてくれたお友達のみんなが ウルを気にかけて会いに来てくれます。

ウルは 今 確かに愛情いっぱいの中 穏やかな日々を過ごしています。

こたろう先生にウルのこと ご報告した時に いただいたメールの一文です。

『トレーナーとして、もしアドバイスできることがあるとすれば、犬はまさに「今」を生きる動物だということだと思います。
人間のように過去を懐かしんだり恨んだり、未来を見据えて楽観・悲観するようなことは基本的にはありません。
とてもシンプルですが、その日その日を、できる限り楽しく暮らせることに尽きるのではないかと思います。』

そして ウルに『大丈夫?』って話しかけるのではなく 『すごいね♪ お利口さんだね!』って 。
難しいけど 普通に楽しく接してあげるのが わんこにとっては一番安らぎ幸せではないでしょうか。…と。

このメールをいただくまで 私はずっとウルをさすりながら泣いていました。
ウルが不安そうな顔をしていることも気づかずに…

ウルの前で泣くことはやめました。

どんなに手がかかってもいいから ウルとの時間が一日でも長く続くよう願いながら 過ごしています。

せめてもの救いは 花が良く寝て良く食べ いつも通り過ごしていてくれることです。

どうか ウルが痛くて辛い思いだけはしませんように…

ご注文を頂いていたお客様 お待ちいただき 大変申し訳ありませんm(_ _)m
かえって はげましのお言葉をいただき本当にありがとうございました。

今は ウルと花との時間を大切に過ごしていきたいと思います。


昨日の夜はこんな感じでした♡
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ウルフ君を迎え入れたとき、ウルフ君にとって第二のファミリーが
花ちゃん家で幸せだな~と思っていました。そしてそれが出来るだけ
長く続きますようにと・・・・しかしこんなことになっているなんて・・・
ウルフ君きっと、今、一番幸せだとおもいます。

どうか、これからの毎日、たくさんの愛情で見守ってください。
こちらから、応援してます。

涙がたくさん出てしまいました。
ウルくんにそんな過去があったんですね。
弟さんと一緒の時もウルフくんはきっと幸せだったと思います。
花ちゃんちに来てウルフくんはもっともっと幸せになれたんですね。
ウルフくんが痛い思いをしませんように、幸せでいられるようにと願ってます。

かれんちゃんママさん*

かれんちゃんママさん ありがとうございます。
この事実をようやく受け止められるようになりました。
ウルにもっともっと幸せになってほしいです。

寅ちゃんママさん*

寅ちゃんママさん ありがとうございます。
そうですね。
弟との生活の時は ウルにとってそれがすべてだったんですよね。
今は お父ちゃん お母ちゃん 花のいっぱいの愛情で つつんであげます♡

いつも花ちゃんとウルフくんのほほえましい様子を拝見し、もう完璧に花ちゃん家の一員になったのね と喜んでおりました。
でも、元気そうに見えていたウルフくんがそんな病気だったなんて・・・とても胸が痛くなり涙が止まりませんでした。今までのいきさつを伺っていただけに、どうしてウルフくんがそんなつらい病気に?と思いました。
私ですら辛いことなので、さぞかしお母ちゃんお父ちゃんは辛い思いをなさったことと思います。
ウルフくんは花ちゃん家の一員になれてとても幸せに感じていると思います。
この先 ウルフくんが苦しんだりせずに穏やかに過ごせることを祈っております。
陰ながら応援しております。

ももちゃんママさん*

ももちゃんママさん ありがとうございます。
私も ウルはもうちょっと楽しい時間を持つ権利があると思います。
ウルを迎えて 本当に楽しかったんです。
今は ウルの体調に一喜一憂しながら 過ごしています。
デン!て構えてられる肝っ玉母ちゃん 目指してます!


管理者にだけ表示を許可する

お父ちゃん がんばる!  «  | BLOG TOP |  » どこで寝る? Part2♪

花のお母ちゃん

花古屋 再始動しました。 スローペースですが よろしくお願いします。

花古屋

花

Author:花
H17.9.15 生まれ ♀
お母ちゃんが作っている
ワンちゃんのお洋服屋さん
『花古屋(はなこや)』の花です。
シェパードのウルフ兄ちゃんが
家族になりました♪

ウルフ♪


H16.4.21 生まれ ♂
ジャーマン・シェパード・ドッグ
H27.2.12
花家の家族になりました
見掛け倒しのとっても穏やかな
優しい子です♡

H27.8.1 花家にたくさんの幸せと楽しい想い出を残して あっという間にかけぬけてしまいました。

カテゴリ

マナーポーチ 販売 (7)
マナーポーチ (12)
お洋服 販売 (4)
お洋服新作 (36)
お洋服紹介 (305)
花日記 (529)
お泊まりお出かけ (83)
お出かけ (22)
花&さすけ (19)
さすけ君ママチョーカー (1)
華古屋グッズ (3)
さすけ日記 (16)
未分類 (13)
ひな&ひゆ (17)
ウルフ (28)
花&ウルフ (55)
お母ちゃん日記 (9)
お問合せ (1)

花古屋(はなこや)

お洋服 消臭マナーポーチの ご紹介をしています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dog salon アンシャンテ

花古屋の消臭マナーポーチ&お洋服を置いていただいてます。

お洋服のオーダーもお受けしております。

トリミングサロン DOG FELLOW

花古屋のお洋服を取扱っていただいてます。

オーダーのみお受けしています。

Momoji-ya

Momoji-ya

ペット肖像画

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ワンコウォッチ

ワンちゃんお洋服♪

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる